2007年12月28日

お正月帰省中

 パキスタン情勢が大変気になるけれど、とりあえず今後の動向見ないとどうにもならんですね。核保有国が政情不安とか世界って相変わらず怖い。

 さて、年末年始をふるさとで過ごすために滋賀の実家に帰ってきました。米原駅から地元駅までなんもねー広大な田圃地帯。真っ暗。東京・赤坂の毒々しいネオンとこっち比べるとなんという格差。ただしどっちがいいかという判断はつけられない。

 そんな地元駅までの電車内での部活帰りとおぼしき女子高生2人の会話がまた田舎的というか純朴でなんともまあ、ある種の感動を覚える。会話の内容はお年玉2万円で何を買うか、ららぽ(ららぽーと)で財布が2000円だったとかそんな感じ。そもそもジャージ着て電車に乗るってのも都会じゃそう多くない光景のような気がする。
 この子たちを逆に表参道のショップ街に連れて行ってあげたいし都会の子を一度地方で生活させてみたい。ていうか財布くらい贅沢させてあげたい気がする。

 家に帰ったら12歳になる犬が明らかに弱ってやんの。体に色々がたがきているらしい。私が小5のときからいるからなあ。長生きしてほしいんで、甘えさせてやることにする。犬は甘えさせたらとことん甘えてくるので疲れるけれど、もしかしたら今生の別れになるかも知れないと思うとその程度安いもんです。
 
 私は猫派なのだけれど、犬も大好きなのです。じじぃになったら田舎でそこそこ広い土地を得てシベリアンハスキーなりゴールデンレトリバーなりと戯れながら、さらに屋内では猫を飼って暮らすのも良いかなと思ったりしています。
posted by nyago at 00:28| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

梅酒ロック1杯くらいなら飲めるようになった

 私はお酒がダメです。飲むとリアルで死ぬ恐れがあると自分でも自覚してます。極力知らない人との宴会には行きたくないタチです。

 でまぁ最近はぼちぼち飲んでると、なんとか梅酒ロックは一杯飲みきれるくらいになりました。うん進化進化。

 今日は久しぶりの社会人友達+もはや居候の域に達してる腐れ縁のツレと立川で飲んできました。なんとか気持ちよくなれました。あれ以上飲むと死んでしまう(笑)。

 でも悲しいことに多分、来年は私がなんか丸坊主で腕立てとか走ったり泳いだりする仕事につく関係でこの人たちとも疎遠になってしまうこと間違いなしです。そう思うとやや感慨深くはありますな。

 なんというか、ある意味、私は結構出会いとわかれがはっきりしている人生を歩んでおります。それでも意外と小・中学校の友達がここをのぞいてたりするのも不思議な縁ではありますね。
posted by nyago at 00:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

そのうち地球防衛軍に改称するかも知れんねw

 時事ネタ。
 ゴジラへの対処、研究していた=自衛隊出動、武器使用も可能−防衛省

 防衛省なにやってんのw
 まぁ用意周到、何事も考えておくのは悪いことではないかもしれんということで。といいつつ、この過去とやらがいつなのかは知らんがね。三矢研究なり一連の安全保障議論で栗栖弘臣氏が事実上の解任になったのは今は昔。氏も近年お亡くなりになりました。軽く著書などを読ませていただくと今の時代ならなんら不思議ではない程度の直言だったように思います。時代が悪かったのか時代が変わってきたのか。その判断は今後の歴史が判断するところでありましょう。

 真面目なお話はここまで。
 ちなみにこの記事に関連してちょっとウンチク。
 現実の自衛隊が訓練以外で実弾を使う場面があったりします。
 それは害獣駆除です。過去にも漁協の要請を受けて漁場を荒らしまくってたトドだったかの海獣を駆除したことがあります。そんな仕事もやってたりします自衛隊。基本的に何でも屋さんが出来てしまう組織なんだからもっともっと市民生活に役立つことに介入してもいいんじゃね?とか思うのは私だけでしょうか。
posted by nyago at 00:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

あー

 やっぱり私は潜在的に誰かに依存してしまうのかなあと思う。依存される方は迷惑千万である。一人で頑張って生きていけるようにガンバローと思うのです。

 それとやっぱりすぐに自分を見失うんだからよろしくないですな。自戒します。

 でも結局、自分が自分であるためには驚くほど多くの要素が必要で、それは同時に自分をある一定の限界に制約し続けるといったのは某少佐ですが、今それをとても実感しています。

 やはりというか、当たり前と言うか、私にもどうにもならん人間的限界と言うより大欠陥がございまして、それを素直に受け止めることが時として出来なくなるからいかんのでしょうね。

 が、ここで腐って「ああ、俺はダメなんだ」と思っちゃ人間成長できません。今まで多くの人からお叱りを受け、時としてその時点では理不尽だと思ったこともありますが、いま大きな目線から見て、それを成長の糧にしなければならんなあと思う次第です。

 私は私の道を歩まなければなりません。自分の身の丈にあったレベルで淡々と成長して目標と生き様とをすり合わせて行こうと思うのです。

 でも生まれる時代間違えたかなあw(これ愚痴
posted by nyago at 03:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 以上無用のことながら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

寒くはあるが

 少しの寂寥、少しの後悔、少しの希望、少しの歓喜。ふとそんな風に思えた。まぁそんなことで、少しは私のこの先も、多分、現状自分が心の奥底で望む形ではないけれど違う形で、多少なりとも、未来の予感を感じつつ、淡々と為すべきことをして、向上心を忘れずに歩んでいくことが出来るかと思います。
 しかし、私も残念ながら男の子でもありますので、やはり一度決めたことも簡単には曲げられません(苦笑

 さて、今日レガシーに乗って宇都宮、那須方面にゼミ生たちと日帰りドライブしてきました。ハイスペックな車なので5人乗ってもぬあわ(何のことかわからん人は検索でもしとくれ)とか出ちゃうのにはビビッた。

 那須まで行ったらもう真っ暗。そして初雪に遭遇w。なんやかんやで和気藹々とドライブ楽しめましたとさ。

 このお仲間さんたちとはまだボチボチ遊んで行きたいと思うのです。
posted by nyago at 02:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

暇な日、猫の日

 今日は普通に寝坊して1限行けなかったというダメ学生っぷり。こんなんで来年から大丈夫かいな・・・。
 それでも腹は減る。近くの弁当屋にお昼ごはん買いに行く途中、いつも撫でさせてくれる猫(野良)と遭遇。チャンス到来!ダッシュで部屋に戻りデジカメ持ってまたダッシュで戻る(推定150m全力疾走)。んで猫を激写しましたとさ。以下猫さんの写真でお楽しみください。
ねこ8 ねこ1 
ねこ2 ねこ4 
ねこ5 ねこ3 
ねこ9 ねこ10
ねこ11 ねこ12
ねこ13 ねこ14
ねこ6 ねこ7

最後に動画。注・体が痒いらしいので結構ガリガリしてますが虐待してるわけではありせん(笑)まぁ最後まで見てもらえば判るけど。


 この子は野良だけにばっちい(笑)。でもつねに愛想がいい。たぶん近くの定食屋で餌もらってるからでしょう。ちなみに弁当を買っての帰りもまだ同じ場所にいた。弁当をめぐる争奪戦展開。しかし私は野良猫には餌はやらん。野性味を失った野良猫に待つもの、「それはゆるやかな死よ。」(bv某少佐)。つかおかずはハンバーグだし猫にやったらお腹壊すしね(猫や犬にたまねぎとかねぎはダメです
posted by nyago at 00:21| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

自宅鍋

 いつものゼミ生たちと私の部屋で鍋をしました。

 午前中、偏頭痛が出て軽くヤバイと思いましたが、結局午前中ずっと薬飲んで寝てたのでしっかり料理できました。まぁその分部屋の掃除はテキトーに切り上げたのですが(笑)

 メニューは寄せ鍋、コロッケ、唐揚げ、なんちゃってドリアです。コロッケは難しくないけどめんどくさい料理なので前日に種をまるめるところまでは作っておきます。なんちゃってドリアはバターライスだけ作って、その上に市販の缶詰ミートソースをぶっかけてとろけるチーズのっけてオーブンにぶち込むだけという手抜きっぷりです。唐揚げはもっと酷くて唐揚げ粉使いました(笑)。でもゼミ生たちは慈愛の人なのでうまいといってくれました。実際この言葉を聞くためにやってます(笑)

 まぁおいしいと言ってくれなくても全部食べてくれるだけで感謝なのですけれどね。しかし皆様も、普段おうちで料理を作ってくれる人に食後おいしかったと言ってみましょう。あと個人経営のお店なんかでも言ってみるといいかもしれません。作った人からすると、明日への活力になるので。

 金曜にこの面子でドライブに出かけるそうです。金曜以降ここが更新されなかったら事故って死んだということになるので、その時は私の知り合いはお葬式に来てください(笑)
posted by nyago at 01:56| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

東京経済大学と攻殻機動隊

 寝れないのでネットをダイブしておりましたら、押井守が来年から東経の客員教授になるらしい。メディア制作ワークショップなる科目を中心に担当するらしい。なんだそれ。いかにも大学らしい良い意味でよくわからない科目だ。

 しかし、私がもう一年東京で学生やるなら間違いなくなにがしかの手法で氏の授業なり講演なりを聞きに行ったでしょうな(笑)

 しかし「企業のネットが星を被い電子や光が駆け巡っても国家や民族が消えてなくなるほど情報化されていない近未来」とはよく言ったものだと最近思います。

 あまり関係ないけれど今さらながらにもう一回ちゃんと攻殻SAC1作目を見直した。
 笑い男事件自体は丸山ワクチン不認可の顛末(というか現在進行形というべきなのか。)&薬害エイズを組み合わせたというか、ほとんどまんまパクッてうまいこと融合させたというお話なのね。

 丸山ワクチンの不認可が実際に巷で噂される経緯なのだとしたら、それはまさに白い巨塔の世界ですな。
 薬害エイズは、医者+行政+製薬会社(といっても厚生官僚の天下り先)のズブズブ。あれほど一目でわかりやすい巨悪も近年珍しいですね。・・・と言いつつ、それほどの巨悪に政治家はからんでないんかいな?という素人ワイドショー的な疑問は残らんでもないが。
posted by nyago at 05:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

深夜の雑感など

・最近、よく寝れてしまう。冬はなぜか眠い。そんなわけでこんな時間に起きてるのにここ24時間で睡眠時間が8時間くらいあるという…。

・ある程度寒い、湿気がないなどの条件が揃うとどうやらバイクのエンジンの調子がよくなるようです。多分、吸気の効率が良くなるんだろうなあと。やっぱり寒いと空気が密になるからですかね?
 それと空冷だからエンジンの冷却にとっては外気が冷たい方がいいのかなと。
 まぁなんにせよ、加速性がいいので夜とかは注意です。エンジンの調子が良くなってもタイヤが暖まるまで時間かかるし。

・そして今日、ST250で走行距離が17000km突破。1年8ヶ月で17000km走ってりゃ上出来でしょう。もうあと1500km行くか行かないかてっとこで友人に渡すことになるかな(関西に持って帰って友人に渡すだけでも500kmはカタイし。)
 なんとなしに最近、今住んでる町を、STで走ると少し感慨のようなものがわいてくる。いつもの通学路も、しばらくしたら、恐らく2度と通らなくなるんだろうなあと思う。実は結構気に入ってるんですけどね、いつもの道。景色のいい丘陵を開いた団地を貫く道なんすがで。

・花神読みおわって坂の上の雲をもう一度読み直すことにする。明治維新という壮大な奇跡のようなものについて論評なんて私にはできないけれど、
 ただ一つ私がこの司馬遼太郎の作品を読んでいて思うようになったのは、人間、職能的であるほうがいいんじゃないかということ。何でも出来る人は何も出来ない人でしかないということで、いろいろな方面に首を突っ込むと、薄まって結局、大きな仕事が出来ないようなそんな気がする。
 だから僕はある方面においては、目と耳を閉じ口をつぐもうと思います。だが為らざるべきか?という自問はないw
posted by nyago at 04:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 以上無用のことながら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

知恵と勇気

 よりよく生きていくには知恵と勇気が必要だなと思う。

 知恵というのは、頭の回転が速くない私などは先人に求めるしかない。愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。プロイセンの鉄血宰相ビスマルクのお言葉です。自分を賢者と言ってのけるドイツ人ってのはなんともまぁ(苦笑。)
 経験というのは大事だが人が一生に出来る経験などはたかが知れている。しかし、歴史とはつまるところ他人の経験である。他人の失敗や成功を知れば自ずと自分の行動のひきだしが増える。と、そういうことですな。もちろんそのひきだしの選択肢を間違えぬような合理的な判断力ももたねばならないのだろうけれど。

 勇気、これがつまり判断力ってやつにつながってくるのかもしれませんね。
posted by nyago at 00:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

中南米について思うこと

大統領権限強化の改憲案否決=チャベス氏、国民投票で敗北−ベネズエラ

 たまには時事ネタ。チャベスさん、惜敗。
 独裁とか何とか言われてるのはまだ後世の評価を待つべきかなあと思うけれど、ただし結局この人も貧困の解決を目的にある程度強権的
にやっているのかなあと思う。というか、この辺の国々の傾向と言うかそのようなものを感じる。
 それは、チャベスさんはまぁ軍拡もやってるんだけど、そもそも軍人が政権を奪取して軍事政権を経験している国もこの辺には多いということ(ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルーその他多数)。そもそも貧しい⇒社会主義的政策vsそれを好まないアメリカの思惑(経済援助を含ませて)って構図が特に冷戦期からの通例にのようで。左右どっちが、軍事政権を打ち立てるのはそれぞれで。親米軍事政権も反米軍事政権もあり。まぁとにかく武力を用いたクーデターなり内乱なりが多い地域ですな。それがどっちに転ぶかはその時の事情次第でしょうな。
 まぁあの辺はキューバがあるしチェ・ゲバラという全世界でアンケートとったら英雄部門で1位になること間違いなしな人物もいたしねえ。
 
 今現在、さすがに軍事政権ができるほど民主化の要請がないわけではないが、新自由主義的政策の失敗から貧困というか格差がよりいっそう酷くなりこういう人も出てくると。ただコロンビアと国交断絶したり軍拡したり、極端な反米だったり、言論弾圧のようなことやったり新自由主義に対抗するのはこれでもないんじゃないかとも思ったり。

 軍事政権といえば、いいイメージが全くないわけで、虐殺、言論弾圧、対外戦争好きみたいなイメージがあるものの、経済発展と治安維持をもたした例もあるので結局長い長い歴史から見ると、なんとも評価に迷う国もあるのが歯がゆいところですな。ちなみにその典型例が台湾と韓国というご近所さん。中南米で言えばパラグアイとかっすかね。

 なんか脱線してきたけど、そもそもチャベスさんって私が勝手に持ってる中南米的イメージのリーダーだなあと思うのです。つまりなんかやたら強権的。貧困層の救済を掲げてはいるがこりゃあどうも、雲行き怪しいなあと。

 続きを読む
posted by nyago at 20:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

宴会

攻殻&セブンスター

セブンスターを映したかったけど片付けるのがめんどかった。

左手の上腕が痛いです。筋肉を多少破壊されると痣になります。
まぁ深くは語るまい。Now or Neverとしか言いようがないあれです。

まぁ、さもなくば名誉をというのも不可能です。
自己欺瞞と自己満足のみをよりどころとしつつ。
posted by nyago at 01:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。