2006年02月05日

功名が辻・第5回までおわりましたね

 えー私は大河ドラマ好きというほどではないのですがまぁだいたい毎年見ます。ただ近年では受験とかバイトとかで年度途中で見ることを放棄してしまった作品が多く、最近では「新撰組!」くらいしかちゃんと見てません。それ以前に完璧に見たのは「利家とまつ」かなあ。
で、今年はちゃんと見ようと一回目からきっちり見てるわけですが、とりあえずこれまでの印象などを述べてみたいと思います。
 まぁまず初回から数回は「出演者全員に年齢的に無理があるよね…。」と思わずにいられませんでしたがそこは無視するしかないですな。二、三回のために俳優さん代えるわけには行かないし。しかし今回は上川隆也と仲間由紀恵はいいとして脇役が豪華な大河だなってカンジがしますねえ。舘ひろし・信長の桶狭間での「かぁかぁれぇ〜!!」は忘れようがない・・・。気合入りまくりですな。柄本明・秀吉は太閤になってからはいい味でそうですね。まぁその他にも大物がたくさん出ているので豪華ですねえ。「新撰組!」は若い人ばっかでそれはそれで面白いのですが今回は重厚感があります。そういや今回はOPテーマがカッコいい。やっぱ派手なOPのが気持ちが高揚するのでしょうかね。「秀吉」「葵徳川三代」「新撰組」「功名が辻」のOPは今後も覚えていそう。
 
 しかし今回は今のところの印象は主人公以外の主要人物が豪華ってところに収まりそう。そういう意味ではまぁまだまだこれから見ていかないと面白くなるかどうかはわからんですね。私にとって今まで一番面白かった「秀吉」などはぶっちゃけ配役が地味目でしたが面白かったし、結局面白かったがため歴史上の人物についてその人のイメージがついてしまう。

 具体例を挙げれば、私にとって織田信長は渡哲也であり豊臣秀吉は竹中直人であり徳川家康は津川雅彦であり豊臣秀長は高嶋政伸(これはもう完全に固定してしまった)なのですね。ちなみに新撰組!のオダギリ・斉藤一は「壬生義士伝」の佐藤浩市・斉藤一にはどうしても印象として勝てなかったりする。あくまで私の中ではですけどね。
 そして今「信長」の配役を思い出してある意味すごいなあと思う。総集編しか見てないけどね。足が長くてカッコいい秀吉、明智光秀はマイケル・・・。そもそも信長自体優男って感じがしますな。なんのこっちゃ話が脱線しました。ではこれからも功名が辻に期待しましょう。

アテブレーデ!オブリガード!
posted by nyago at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。