2006年08月03日

いまさらラストサムライ

 今さらながら渡辺謙とトム・クルーズの出てる『ラスト・サムライ』見た。
 
 んー…私の感想は、そんなにおもしろくもなかったかなあというカンジ。合戦シーンだけなら黒澤映画のほうがいいし、「侍」とか「時代に取り残される武士階級」とか「新時代に残されるべき古きよきもの」なんていうテーマを問うなら『壬生義士伝』(映画版ね)のがよっぽど面白い(ただ『壬生義士伝』は最低限の新撰組に関する予備知識がないと面白くないかなあ)。

 まぁ申し訳ないけどハリウッド作品なのに日本の名優使いまくってること以外はありがちな作品だったかなあと。

 そういや若き日のチェ・ゲバラのバイクでの南米無銭旅行を描いた映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』も見たけど、なんか「どこがモーターサイクルなんだよ!」と言いたくなるほどバイクの出番が少ない。つかあの映画はチェ・ゲバラはバイクでの旅をなめてたというテーマを描きたかったのか…?とそんな映画。チェ・ゲバラが革命に目覚める過程ってのも今イマイチ伝わらなかったです。

 なんか面白い映画ありますかねえ?もちろんすでにレンタルがでてるやつ限定で。
posted by nyago at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21845016
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。