2006年10月02日

ディープインパクト惜しかったですね

 ディープインパクトは残念でしたね。レース内容自体は私はそんなに悪くなかったかなと思います。そもそも繊細な馬がフランスに行くこと自体大変ですし、先に抜け出して目標にされてしまったという感はありますし、少頭数で終始前が開いてたのはエキサイティングな彼には不向きだったかもしれません。そう思うと少なくとも非難される結果ではないと思います。

 さて、私がNHKの中継を見て感じたのは日本人観客のマナーの悪さです。武豊騎手がパドックではっきりと口に人差し指立てて「シーっ」ってしたのが中継で写っていました。そしてパドックでは写真のフラッシュがあまりにもひどかった。後者は日本人だけではないのかもしれませんけれど・・・。

 競馬を知らない人が多かったのかなと思わざるをえません。フラッシュ撮影&騒音は馬にはご法度です。確かに日本の競馬場はうるさいですが基本的にパドックはそこまでうるさくないはずです。フラッシュ撮影禁止という看板持ってる警備員さんもいます。

 そして私の知る限り海外では日本のようにお祭り騒ぎの競馬はしません。つまり海外の馬は日本式の騒音には慣れていないと思います。ディープインパクトが興奮してしまうだけでなく、海外の馬にとっても大変迷惑です。武豊騎手はこのあたりを心配したのではないでしょうか。

 ニュースになっていましたが、日本人同士が開門と同時に怒号を飛ばしながらレーシングプログラムを奪い合うという光景もあったようです。

 別に普段競馬なんか見ない人がスターホースの誕生でこの時だけ競馬をするということに文句は言いませんし、そっから競馬にハマる人もいるでしょう。けれど最低限知るべきマナーがありますし、海外に行くとそれは日本のそれとはさらに違うのでさらに勉強する必要があります。

 今回、武豊騎手はレース前だというのに要らない気を使ってしまいましたね。すさまじい期待を背負わされた大舞台を前にしたプロにとっては本当に気を乱される出来事だったと思います。でも競馬は完全にファンに依存したスポーツであるため競馬関係者はファンを怒ることはできません。まして温厚な武騎手ですからなおさらでしょう…。そんな彼の精一杯の「シーっ」だったのだと思います。彼は本当に100%の実力を出せたのでしょうか…?

 あえてあの過激な都知事のセリフを借りて今回の観戦態度から日本人評すると。
 「日本人民度低い。」
posted by nyago at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24787000
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。