2007年02月02日

ST250・リアタイヤ交換

 バイクネタ。ST250の純正タイヤが寿命を迎えたのでタイヤ交換に行ってきました(リアのみ)。履かせたタイヤはIRCのGS-19。

リアタイヤ1 DSCF0959.JPG
 このパターン結構好きです。

 はじめDUNLOPのTT100GPにしようかと思いましたが、消しゴムタイヤといわれるこのタイヤは私の意図する使途と違うのでやめました。

 で、レッドバロンで交換したわけですが、タイヤ交換したいと電話で言ったら「在庫ありますよー」とだけ言われたので(ST250の純正か。まぁ長持ちするし安そうだしそれでいいや)と思い、私「じゃあお願いしまーす」。この辺の私、深く追求しない投げやりっぷり。
 
 で、なぜかGS-19が履かされてたという。嬉しい誤算。

 一応なぜGS-19なのかと聞いてみたら、「純正と一緒についてくるもんです」と。レッドバロンがSTを納入したとき一緒に買うのか、SUZUKIにそうしろといわれてるのかIRCタイヤからプッシュがあるのかは知らんがそういうことらしい。まぁ冷静に考えればST純正の謎の台湾製タイヤが流通してなさそうだしな。

 さてお値段の方はタイヤが6980円、工賃が3700円でここにバランス調整なるものがついて500円、そして消費税乗りまして11730円。某通販サイトでいたらタイヤが6720円なのでこんなもんでしょう。送料を加味すれば通販の方が高くなりそうだし。

 なぜか今日は、チェーン調整とドラムブレーキの遊びの調整もしてもらったのでありがたい。これは無料。特にブレーキの遊び調整は良かった。今まで12000km一度も調整してなかったので遊びが多くなってたみたい。リアブレーキが使いやすくなりました。安全度アップ。

 そんなわけでレッドバロンには優秀でサービス精神旺盛なメカニックマンがいらっしゃいます。ありがとうございやす。(と、ここで露骨にレッドバロンの回しもの的発言(笑)。いやホントのところ毎度、素人な私は助かってるんやけどね)
posted by nyago at 01:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。