2007年10月31日

紅葉の甲州路を行く

 明日ゼミ生の友人と行こうといってたドライブが諸事情により中止になってしまったので、じゃあ今日一人でぶらっと走ってこようと思い、バイクで走ってきました。ST250は来年、友人に3万円で叩き売る予定なので(良心的な価格である)、最後に乗りたおしておきたいしね。で、コースはこちら↓地図.gif

 ルートはだいたいこんなカンジ。
自宅→奥多摩周遊道→大菩薩ライン・柳沢峠(R411)→R20(甲府市内)→R140→R358(旧上九一色村)→R139(青木ヶ原樹海・富士吉田市)→中央道(河口湖IC→相模湖IC)→R20(ほぼ自宅まで)

 本日の走行距離は約260km。直線距離になおすと東京から浜松くらいまでいけるか?自宅出たのはお昼の12時半、自宅帰還は19時すぎ。最後50km弱を高速でワープしたからこんなもんですか。
 ちなみに本日のコース、バイクで行くのはギリギリ11月中旬くらいまでが限度。あとは寒すぎてキツイ。てか今日でもやばかった。

 今日は天気よろしからず。奥多摩周遊道でモヤかかって雲の中走ってる。ちなみに都民の森は10℃でした。
都民の森08・10・31 モヤかかりすぎ
・都民の森。まぁ紅葉のいい時期でしょうかね。
・奥多摩周遊の後半・奥多摩側はほぼ雲の中を走ってた気がする(笑)実際標高は全然高くないんだけどな〜。
 
 ただ山の天気は変わりやすいもの。奥多摩周遊を抜けて山梨県側はどうやら若干天気がよさそう。
奥多摩湖 R411紅葉 カウルから 際どい

・こう見るとやっぱ高いのかね。
・R411は実際走ってるとそこまでな見所はないんだなあ…。多摩川の源流ともいえる渓流があるのでそこに降りたらいいんだろうけど、わたしゃめんどいので行かないw
・私のST250にはハーフカウル(ブラストバリアー)がついてたり。
・R411は落石とか道路が割れてたりとか結構カオスな道。で右下の写真は土砂崩れを紙一重で防いでる場所。すぐ下がもうR411です。山梨県もっと頑張って!!(ちなみに落石やら何やらで工事中の箇所も2,3箇所あったので山梨県はやれることはやってるはず)

柳沢峠08・10・31

 柳沢峠。スカッと秋晴れになるとここから富士山が綺麗に見えます。が、今日は問題外(苦笑)。他の方が撮られてネットにアップしてるでしょうから見てみたい人は「柳沢峠 富士山」あたりで検索してみましょう(他力本願

 さて、柳沢峠から富士山が見えなかったので、根性で河口湖のあたりまで富士山見に行くことにする。甲府市内からR358にはいり、一時、日本一有名な村だった旧上九一色村をぶち抜く。ちなみにこの上九一色村は現在、分割され甲府市と富士吉田市に再編された。

 で、まぁ富士山なんですがね。この辺ですげぇ曇って、しかも寒い(9℃)。まぁ富士山なんぞ見れるわけもなく。道の駅なるさわから。
雲の中のフジ DSCF0822.JPG

 左が今日。右はほぼ一年前同じ場所から。

 というわけで今度秋晴れの日に昼間に富士山にリベンジして、もうしばらくバイクには乗らないという日が来そうです(12月〜1月はどっか遠出は不可能。この辺も雪害にあうだろうし。)

 帰りは中央道ぶっとばして帰ってきた。ST250でもなんとか制限70km/hの中央道は対応可能。
 
posted by nyago at 22:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63751090
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。