2007年12月22日

そのうち地球防衛軍に改称するかも知れんねw

 時事ネタ。
 ゴジラへの対処、研究していた=自衛隊出動、武器使用も可能−防衛省

 防衛省なにやってんのw
 まぁ用意周到、何事も考えておくのは悪いことではないかもしれんということで。といいつつ、この過去とやらがいつなのかは知らんがね。三矢研究なり一連の安全保障議論で栗栖弘臣氏が事実上の解任になったのは今は昔。氏も近年お亡くなりになりました。軽く著書などを読ませていただくと今の時代ならなんら不思議ではない程度の直言だったように思います。時代が悪かったのか時代が変わってきたのか。その判断は今後の歴史が判断するところでありましょう。

 真面目なお話はここまで。
 ちなみにこの記事に関連してちょっとウンチク。
 現実の自衛隊が訓練以外で実弾を使う場面があったりします。
 それは害獣駆除です。過去にも漁協の要請を受けて漁場を荒らしまくってたトドだったかの海獣を駆除したことがあります。そんな仕事もやってたりします自衛隊。基本的に何でも屋さんが出来てしまう組織なんだからもっともっと市民生活に役立つことに介入してもいいんじゃね?とか思うのは私だけでしょうか。
posted by nyago at 00:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろんな事態を想定できる柔軟性は
たいへん重要だとおもいました!
Posted by ながい at 2007年12月22日 23:16
まぁ個人としてもそうだよねえ。やっぱり公共サービスはかくあるべしだと思うのです。
Posted by nyago at 2007年12月23日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73985331
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。