2008年01月10日

テスト終了で

 そんなわけでなぜか今年は、今日テストが終わってしまいました。多分単位取れたでしょう。そんなわけで多分卒業もでき、4月から未知の野郎だらけの集団生活へ突入であります。

 大学生活というか、この小学校から続いた学生なる身分の生活を振り返ると、私の得たものは何だろう?という思いに駆られるのです。
 
 「自分が自分であるためには驚くほど多くのものが必要なの。他人を隔てるための顔、それと意識しない声、目覚めの時に見つめる手、幼かった頃の記憶、未来の予感・・・」ってのは某映画で某少佐がのたまった至言ですが、生まれてこの方、私のアイデンティティーもようやく固まって来たらしく、私の生き方もどうやら方向性が決まってきたらしいです。  
 
 ちなみにこのセリフはさらに「それら全てが私の一部であり,私という意識そのものを生み出し,そして同時に私をある限界に制約しつづける」と続きます。アイデンティティーが固まるにつけ、自分の生き方も自ずと定まる反面、自分の限界や自分には不可能なことも見つかるようです。何かを得るなら何かも捨てたり諦めたりすることがどうやら大人になるということというわけでしょうな。

 自分が何に価値を見出し、何を限界と認識し、これから何を為していくのか、その答えには望むと望むまいと関わりなく、学生生活で得たもののいくつかは選択し、いくつかとはお別れせざるを得ないという未来が示されているようです。後者にあっては誠に残念ではありますが。

 さて、今日の朝刊の見出しによりますと新テロ特措法が近々成立するそうです。
 
 テロとの戦いは恐らく戦いの期間を経ていずれ和解の時期を迎えなくてはならんでしょう。だとしても恐らく戦いの期間はまだまだ続きそうです。アフガニスタンでの掃討作戦は最低でも数年を要するらしいです。そのうちこの新テロ特で派遣される自衛隊も人々の忘却の彼方になるのかもしれません。ゴラン高原でのPKOは今年で12年目、第24次派遣部隊から25次、26次と今年も続きますが、もはやメディアも取り上げることなどありません。

 「安全保障とは酸素のようなものである」と言ったのはジョセフ・ナイですが、まぁ大体当たってるように思います。無くなると困るどころのものではありませんが、普段気にしません。
 これは逆に言えば、安全保障に関わる人々は縁の下の力持ち、日陰者的役割を果たすというわけですね。
 
 そこに共感する私を形成しているのは、間違いなく私が私であるための多くのもののせいなのでしょうし、そのあたりが私の限界でもあるのです。
posted by nyago at 15:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

いわばすっぴん

 今日よねやんに出会いました。なんか一瞬自分が忘れられたようだったのでちょっと焦りました。そういえば自分の顔が少し変わってるんで、是非もないのかも知れません。

 そういや気づくのが遅かったのでかなりきつめに肩をたたきました。痛かったかも知れません。許せ、よねやん。セクハラでもないぞ。
posted by nyago at 21:59| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

大学の単位

 昨日成績発表。フル単。GDPも3に近くなって私としては驚き。正直、2つは捨てたつもりの科目だったのだが…。卒業まであと8単位なのでこのまま単位落とした経験がないという状態で卒業できるかもしれない。だとすれば幸運である。

 毎年なぜか奇跡というかよくわからない評価がつく。昨年は直前に2時間だけ予備校本を読んだ刑法でBをもらい、今年はほぼ無勉で挑み、しかもわかるとこだけ埋めて来年再履修するつもりで早々と諦めて寝てた財政学でCをいただく。(財政学でC以下の評価の人間ってテストほぼ白紙だったんじゃないか…?)

 まぁ先生がよかったりうちの学部学科がおそらくかなり単位がとりやすいだけなんだろうとは思うのだけど。
 しかし、この大学の成績というやつ、奨学金、大学院、ロースクールなどでは評価対象らしい。
 厳しい先生や、そもそも単位について厳しい学部学科、あるいは大学間の差というものもあろうというに、こんな曖昧なもので人生泣く人が出るかというとばかばかしくさえ思う。

 人生なんやかんやで運ですな。
 ちなみに私は財政学については恐らく「プライマリーバランス」の定義もうまくは言えないという体たらくなのだが…。いいのかねこんなんで。

 来年度は就職さえ決まれば、大学は週1でいいのでテントとシェラフ買って一ヶ月に一回くらいのペースで関東一円をバイクでまわるのもいいかもしれないなどと思ってたりします。
posted by nyago at 23:05| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

なんというかねえ

 今日ほど身の丈にあった生き方をしようと思った日もありません。

 色々思うことはありますが、自分の生きたい様に生きればいいんだろうなと思います。

 たださらに思うのは、なんというか私は私の生き方を貫くと言うか、ようは無理して、高みにたつ必要もないなあとも確信します。音楽や芸術は私にとって退屈ですし、高い教養もよくわかりません。
 競馬場でGTのファンファーレにあわせて新聞叩いてるほうがよほど快楽ですし、バイクでワインディング楽しむ方がよほどスッキリします。

 まぁバカにされようと無能と思われようと、それでいいのかもしれません。そっちのほうが幸せな日々が送れるなら。
posted by nyago at 00:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

ビジネスランチ・権威主義な私

 今日、昼、大学にて私の所属するゼミの教授に論文集作成の所用ということで飯を一緒に食う。
 私は小心者なので、こういうビジネスランチのような場は苦手である。
 先生はラーメン380円、私はカレー450円を食う。先生はとっても偉い人なのにやたら庶民的だった。つか俺のほうが高いもの食ってんじゃん。先生はイメージ的に普段、一食1万円突破しそうなモン食ってそうなのに…。
 え?私?私は450円のカレー食えたら贅沢したなあと思う人間ですが何か?
 
 まぁ私はヘタレなので、先生としゃべるのに大変でカレーの味とか覚えてませんがね。国際情勢や日本の歴史観についてちょいちょいとしゃべる。台湾問題とかね、なんで昼飯でそんなことをしゃべらなあかんねん。。。いっそ「李登輝万歳」とでも言えばよかった…。

ってなカンジで私のヘタレっぷりは相当なんで、どう考えても一流になれないですね。ええ。

 あ、当然おごってもらいました。ゼミ生諸君すまんね。これも役得だ。
posted by nyago at 00:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ゼミ論完成したが

 ついさっき締め切りを4時間20分オーバーでゼミ論が完成・提出した。うちの先生温厚だから大丈夫だろう。

 さて私はゼミ長という立場の役得として、みんなの論文が私のアドレスに送られてくる。これからフォーマットの訂正というかなりめんどい作業がまているのだが、やはり内容も見てしまう。

 で、一応我がゼミは国際法のゼミなのだが、ほぼ全員『国際条約集』を参考文献にあげていないという…。えーっとつまりだれも国際法や条約そのものに触れてないって事かな…?
 つ、つまりこれをしていかにゼミ生たちが手を抜いているかを国際社会におけるアナーキーな現状と国際法の限界を考察することができ、特に安全保障という分野に関しては国際法の介入を主権国家が拒否するとい現状を示唆するものだ。・・・はぁ。

 まぁなんにせよお疲れさん俺。そしてここを見てるかもしれない数少ないゼミ生ども。
posted by nyago at 04:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

ゼミ論

 ゼミで論文と言うかテーマ別レポートと言うかをやってるわけですが、なんというか、失敗したなあ…。正直、論理の破綻が起こりそう。

 法律の制定過程を述べて、問題点を考察して、結論述べるってな終わり方をする論文を書くのもいいけど、そんなに先生が厳しくないし、自分の勉強にもなると思って、結構過激な内容にしようと思ったんですが。案の定失敗したと言う(苦笑

 まぁしかも明日提出だからもう大幅な見直しは無理だしなあ。

 やれやれ、まぁなんとか論理をギリギリもたしてみよう。ダメならダメで諦めよう(苦笑。ぼちぼちゼミ長の仕事やったんだから先生の温情があるだろう。
posted by nyago at 02:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

ストレンジワールド

 商社→五大商社。銀行→日銀。マスコミ→NHK、新聞主要3紙。
みたいな選民思想たっぷりの異空間に潜入してきました。「公務員(官僚含む)の給料なんざアホみたいに安いよ!!」って空間でした。

 そんな空間で「就職に関しては色々な視野を持った方がいい」とアドバイスをもらったっとしても、こっちとしちゃ「(そりゃアンタらは選べる立場だろうけどさ…)」と内心思う。多分私が普通に就職しても公務員と同じ給料水準の企業に就職することになるだけだろうし(多分それができれば万々歳なんじゃないかうちの大学の平均とれば)。といっても結論はどっちにせよ「大学受験失敗した(受かるだけの努力をしなかった)私が悪い」ってとこですか。

 続きを読む
posted by nyago at 00:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

安全保障とナショナリズム

 なんか壮大なタイトルだけど、内容は別にたいしたこと無い。私が安全保障論に興味あることを知ったある授業で一緒のキャリア公務員志望の人に声をかけられたと言うだけの話。

 彼はキャリア公務志望なのである一定以上ナショナリズムがあるらしい。この話は別なのでここでも書ききれないけど。

 で、私が安全保障に興味があるという一点だけで同類だと思ったらしい(苦笑。

 個人的に、私、少なくとも2,3年前よりだいぶリベラルに傾いてると思ってるんだけどなあ。

 続きを読む
posted by nyago at 01:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

とある政策系授業にて〜自分が馬鹿だと思う瞬間〜

 まず今日、大学の食堂で偶然、同じ大学では唯一とも言える高校時代の同級生に出会う。某ロースクールに合格したらしい。めでたい。まだ国立が終わってないらしく、まだ彼は頑張るらしいですが、まずめでたいことに変わりはない。
 今まで死ぬほど勉強してきてこれからさらに3年も勉強してしかもさらに難関の試験受けるなんて彼はドMなんだろう。えーっと、彼には勉強してもらってぜひ立派な法曹になってもらいたいもんである(笑)。

 かつては私も法曹に憧れましたが、今はもう、その道は全く考えてません。まぁ一応、「法曹という職業そのものにどうも私には合わないものを感じた」とか、「司法制度改革自体がアメリカの『年次改革要望書』(参考文献『拒否できない日本』関岡英之・著)に基づいた日本国家改造計画であってこれは売国政策だ!」とかいう変なところで反米ナショナリズムを出してみた(笑)なんていう理由(後者は一応ジョークです。念のため。)はないこともないのだけど、第一の理由は私が自身のバカさを認識せざるをえないからだったりする。

 続きを読む・以下やっと本題
posted by nyago at 22:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

とある政策系の授業にて

 私の大学では珍しい履修者少人数のとある政策の授業にて日本の財政問題を扱う。

 私は公共事業の削減と地方交付税交付金の徹底削減という地方ホロコースト(苦笑)と医療費と防衛費(!)の削減を計画してみた。あと増税。

 まぁ地方虐殺計画は地方にはかわいそうだけど、正直削ろうとおもって大きな効果得られるのそこしかなくね?というカンジだったので。

 医療費は『ブラックジャックによろしく』の影響(笑)。いやでも正直、効果の望めない医療行為や医薬品の投与があるとも聞くのでその辺なくして、それは結果として医療費の削減と医師の既得権益を破壊し、理科系の学生がなんの志もなく医者になるということを防ぎその分科学技術の分野に優秀な人材が行くということにつながるのでいいのではないかと。

 さて自衛隊にシンパシーを感じる記事を書いといて富士総合火力演習を喜んで見に行ってる私には意外でしょうけど防衛費の縮小も提言しときました。
  

 続きを読む
posted by nyago at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

こーかく

 うちのゼミに「サイトー!!そいつをよこせええええ!!!」に反応できる人材がいました。しかも♀で。いやぁたしかに「ネットは広大」ですが、身近にこういう人材はいるもんですね。
posted by nyago at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

富士総合火力演習見に行ってきました

 先日、大学で私の所属するゼミで陸上自衛隊の「富士総合火力演習」を見に御殿場まで行きました。つか我ながらどんなゼミだ(笑)。日本の「大学」という場の方向性にあからさまに逆行するうちのゼミはある意味貴重な存在だと思う。

 さて朝6時に市ヶ谷の防衛庁近くの駐車場からバスに乗っていくわけですが、私はやや朝がきついので新宿の漫喫で一晩を過ごす。『ブラックジャックによろしく』を全巻読んでたら、水谷修氏の『夜回り先生』を土田世紀が漫画化してたことを知る。土田世紀はこういう壮絶な人間ストーリー書かせたら良い漫画家だと思う。とまぁこれは関係ない話。
 
 市ヶ谷に行くとさっそく、陸自の幹部クラス(佐官クラスかな)の方々が、自衛官の制服着て出席確認とかしてるわけで、我ながら自衛官の方とどう話せばいいのやらと思いつつ、思った以上にフランクなカンジでした。ちなみに今回うちのゼミを招待してくれたOBの自衛官は海上自衛隊の三佐。制服は海自が一番かっこいいね。ゼミ生は15人参加。みんな遅れずに来て一安心でした。

 バスに乗り込むとゼミ生は完全にピクニック状態(笑)。仮にも国家の究極の暴力装置の実力を見学しに行くのに我がゼミ生はお気楽である。まぁ道中、陸自の幹部の人たちともボチボチ自衛隊トークなんかもできたしまぁ良しとしよう。13:30(ヒトサンサンマル)までにバスに帰って来るとかそんなちょっと自衛隊的な空気をかもしつつ会場へ。

 会場近くに着くと、さすがに自衛隊の車両&迷彩服の集団だらけ。さすがにぎょっとする。東京の立川なんかも自衛隊の車両&自衛官が多いけど、そんなんとは比にならん。バスの駐車場から会場までは15分くらいの歩きでこれまた迷彩服の自衛官が誘導。なんか強面できつく誘導してるのかと思いつつも、むしろ腰が低い。まぁ自衛官がこんなとこで些細な揉め事起こしちゃ問題なんでしょうな。あと戦争映画さながらの通信機で誘導の連絡してたのはさすがかな。効率いいね。そして入口で入場整理してる自衛官の方に「大学のゼミの研修の一環で来ましたと」いうと嬉しそうに「いい視聴覚研修になりますよ」と言ってくれたのが印象的だった。やはり自衛官の方は自衛隊が何をしているかということをもっと一般市民に知って欲しいんだろうね。

 さて演習自体は天候不良でF−2戦闘機が殆ど見えなかったり、空挺部隊の落下傘が中止になったりと縮小されてしまった。というか火力演習自体縮小傾向にあるらすぃ。まぁ自衛隊って常に予算不足ですからな。(どうでもいいけど立川の自衛隊施設に戦前の空気を感じる建物あるよねえ…)

 それでも火砲、74式戦車や90式戦車の砲撃の轟音と衝撃はすっさまじかった。よく戦争映画で着弾の音で耳がイカれるシーンあるけど納得。まぁもはや人間は戦争すると人の体なんて木っ端微塵ですな。
 ちなみに私は偵察バイクがかっこいいと思った。あの偵察バイクはどこが卸してるんだろう。積載性抜群だからか実用性もありそうだ。一台欲しい。

総火演1.JPG 総火演3.JPG 総火演4.JPG 総火演5 
右上はわかりにくいけどヘリから偵察バイクが降りてくるところ。バイクは気持ちいいくらいぶっ飛ばしてたなあ。
雰囲気はこんなカンジです。約2時間にわたって演習が行われました。

 こういう演習は賛否両論でしょうな。個人的には自衛隊の最たる情報公開だし、恒例化すれば他国への圧力にもならんし、それでいて抑止力にもなるからいいのではとは思いますが、おそらく途方も無い税金が投入されてるわけでさぁどうかね。
 
 さて東京に帰ると、陸自の幹部の方に予備自衛官補になってくださいと呼びかけられるもゼミ生、誰もやりたがらねえ(笑)。ま、当たり前かね。

 で、その後、OBの海自三佐と市ヶ谷で飲み会。こっちはゼミ生全員参加(笑)。私は前日徹夜がたたって即効で潰れ、寝てしまう。すんませんね、社会不適合者で、ええ。が、その後復活したんで、ゼミ生数人とカラオケいってきて一日が終わり。なんというかとても戦争と平和とでも言うべき対照的な午前中と夜をすごした、そんな日でした。ちなみにこんな日なのでカラオケで『軍艦行進曲』歌おうと思ったけどみんなドン引きだろうからやめた。つか歌える自分もどうかと思う。

 陸自の皆様お疲れ様です。事故にはくれぐれもお気つけください。
posted by nyago at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

ふと

 今村均やエルヴィン・ロンメルみたいな軍人の存在って語られにくいよなあ…などと思った深夜。やっぱり本当に高潔でいい人って語られることが少ないのかねえ。
posted by nyago at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

今さらだが合宿行ってきたことなど

 今さらだけど8/9〜11とゼミ合宿に行って来た。場所は伊豆高原。合宿といいつつむしろ遊びに行って来たというカンジ。私は先生が放任主義のこのゼミのゼミ長なんで企画段階からほぼ2ヶ月超しの計画だったので多少の充実感があります。
 
 続きを読む
posted by nyago at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

吉祥寺産ジャガイモ

 ゼミ合宿の会計のために昼からゼミの会計やってくれた友人の家へ行く。場所は吉祥寺。一通や車両立ち入り禁止が多すぎて軽く迷う。つか吉祥寺ってすぐ隣は杉並だったり練馬だったりするのね。ほぼ23区じゃん。そしてまた人が多かったなあ…。駅前はショッピングモールが多いのね。井の頭線もあるしホントはここに中央特快停めたいだろうなあJRは。たしか「かいじ」とか一部の特急は停まるくせに特快が停まらない変な駅なんだよなここ。ホームが足りないから…。

 まぁそんなことはどうでもよくて、友人宅へ。…すげー広い。豪邸ではないけどただひたすら広い。私の滋賀の実家の二倍はある。
 なんだこいつ金持ちか?!と思ったけど実際は江戸時代から続く農家らしい。たしかにここだとお江戸の町ではないからそういうこともあるだろうなあと思う。余談だけど私が今住んでる日野市も豪農っぽい邸宅が多い。さすがは土方さんの生まれの地である。ちなみにこの友人、今から相続税がやばいと家族ぐるみで悩んでるらしい(苦笑)。

 さて、会計作業はそこそこに終わり、この友人&親父さんもバイクに乗るらしいのでちと見せてもらう。親父さんはハーレー乗り。私は車種までわからんが排気量1000cc超えてるらしいので、すげーお高いだろう。
 友人のバイクはSR250というレア車。SR400なら現行でまだまだ出てるんだけどね。SR250はすでに絶版。ってかすげー錆びてたのでもっとお手入れした方がいいね…。やってあげたい。
 んでこの友人と20日までの天気がいい日にどっか行く約束して今日の話も終わり。ジュースいただいて餡ドーナツいただて、さーて帰るかという時、なぜかおばあさんにジャガイモを10個くらい持たされる(笑)。近くでおばあさんの兄弟が畑をやってるらしい(笑)。ありがとうおばあちゃん。
 
 いやー、たしかに農家やってる滋賀の友人とかの家いくと、よく野菜お土産に持たされたけど、まさか東京でしかももう23区に近いところでこんな牧歌的な体験ができるとは…(笑)。なかなか農家的な人の温かさに触れることができた一日でした。ちなみに今日の夕食はさっそくチキンカレー。吉祥寺産ジャガイモはとても澱粉質が高く、おいしかったです。やっぱり店で買うのとは違うなあ。おいらも引退したら軽い畑はやりやいな。素人だから重いのはできないだろうけど。
 ちなみにコロッケとか肉じゃがとかポテトサラダとか、明日からの我が食卓は地味にジャガイモ祭りの予定です(笑)

 (どーでもいいけど、今日は町に警官&パトカー&機動隊が多かった多かった。やはり終戦記念日で武闘派の対立や無許可デモを警戒してだろうか。軍歌流してる街宣車3台くらい見たし、自民党の加藤さんの家も燃やされたらしいしなあ。まぁこんな日に交通違反で捕まっても損なのでおとなしく帰ってきました。)
posted by nyago at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

ゼミ合宿にいってきます

 明日ってか今日からゼミ合宿にいってきます。私ゼミ長ですので、この3日間くらいはもうてんやわんやの忙しさでしたがなんとか明日を迎えられそうです。が、場所は伊豆半島ですのでもう台風に向かって突っ込んでいくという最悪の状況になってしまいました。どうなる?!どうすんの俺!?
 先生は超偉い人だし、もう私にとって明日からの3日間はプレッシャー。つーか終了後も会計係と一緒に色々やらねばならぬからそれもしんどいな。まぁ頑張ります。では3日後に。
posted by nyago at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

見間違え

 なんかこの前の記事で誰も読みそうにない素人的な真面目な記事を書いたので今回はどーでもいいことを。

 大学の図書館でオピニオン誌の『正論』読んでたら、石原良純の顔写真があるように見えたから、ついに政治とか思想を語りだしたか?とか思ったら八木秀次だった。カラーで見ると全然違うけど白黒写真でみると多少雰囲気が似てると思うのは私だけだろうか。

 関係ないけど大正・昭和期に八木アンテナを開発したのも八木秀次博士だと知り驚く。ふーん。

 ちなみに『正論』は面白そうな対談が載ってたから読んだので愛読者ではありませんな。『世界』も面白そうなら読みますし、『前衛』も読むかもしれません。
posted by nyago at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

高校時代の友人と

 私は関西の高校出身のため大学(大学は東京は多摩の山奥)ではほとんど同じ高校の同級生はいないわけですが、そんな数少ない高校時代の友人と今日大学内でばったり会いました。というか彼と今までもばったり会うことはあってその都度、今度飯食おうとか言いつつ、実現することなくぐだぐだ3年たってしまったという(苦笑)。

 んなわけで食堂で30〜40分ほど近況やら将来のことやらで話をしました。彼はなかなか熱い理想と情熱の持ち主なので、ぜひ彼自身の夢を実現してほしいなあと思います。
 そして彼と話をしていて思ったのですが、職業が専門的であればるほど、その仕事に理想や情熱を抱くということはやはり素晴らしいことだと思います。特に若いうちは青臭い、泥臭いくらいでちょうどいいのでしょうね。少し違うかもしれませんが、マルキシズム大っ嫌いの英・名宰相チャーチルも「二十歳までに共産主義にかぶれない者は情熱が足りない」なんて言ってますしね。ただこの後「二十歳を過ぎて共産主義にかぶれている者は知能が足りない」と続くんですが(笑)。

 さて夕方に関西の泣く子も黙る某大学に通う友人にメールなどしてみる。こちらの友人も2年ぶりくらい(笑)。近況とか聞いてみるとみんな頑張ってるんだなあと思いました。私も負けじと頑張るだけ頑張ってみようと思います。ダメならダメで別の道〜という超楽観主義もある私ですがね。

 ・・・。
 まぁ結論は友人は大切にしろよ俺!ってことですな。
 私はなんかその傾向があるのかなあ。前のバイト先の人とかも結局それっきりな気がするし。そういやマンガ20冊くらい貸して返してくれてねえお姉さまとかもいるしね(苦笑)。そういやS藤はここ見てるのかぃ?(となんだかわからない内輪ネタでとりあえず終わり。)

 脳内BGM:時には昔の話を by 加藤登紀子
posted by nyago at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

見返してやるという気持ち

 この前の記事で書いた某試験はやはり落ちてました(笑)。まぁしょうがないわな。スーツ着てなかったのはまだ試験の性質上ギリギリセーフかもしれませんがエントリーシートをコピーして持ってなかったのがそもそも質疑応答に満足に答えられない一因となりアウトだったんじゃないかなと思います。まぁそれ以上に合格者の人と話す機会があったのですが、正直、私より実力ありますわ(笑)。コミュニケーション力もあるし知性も違う。要するにそもそも私の実力不足でした。

 まぁここで腐っても仕方がありません。出てしまった結果は変わりませんから、それをいかに早く受け止め、どう自分を変えていくかが問題になってきます。受かった人と落とした先生方を見返すくらいの気持ちでやるしかないですな。あるいはこういうわかりやすい挑戦は人生でもう何度も無いのかもしれません。今度こそがんばりたいと思う今日です。
posted by nyago at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。